BMW10年落ちの維持費って?買った結果泣かないために

車の維持費
スポンサーリンク

10年落ちのBMWを購入したいと思う方もいるのではないでしょうか?では後々かかる維持費ってどうなんでしょうか?

ここでは、10年以上経過したBMWの中古車を購入して、維持費で泣かない為にはどうすればよいかという話をします。

スポンサーリンク

BMW10年落ちのを中古で購入して維持するメリットやリスクは?

ここでは、10年落ちのBMWを購入するメリットやリスクを紹介し、BMWへの基礎知識を話ししていきます。

BMW10年落ちのを購入するメリットは?

BMWは、モデルシリーズにもよりますがドイツ設計の由緒あるヨーロッパ車です。新車価格は、1000万円なんてモデルも普通にあります。

新車では、1000万円したBMWも10年落ちになると、非常に安価になることもポイントです。しかも10年経過しているのに、走行距離が意外と少ない場合もあります。

新車購入は中々手が届かなくても、10年落ちの中古車になれば、新車価格の1/10以下という車にも出会えます。

10年落ちのBMWは、「安い!」・「買える!」と思えるところにメリットがあると言えるでしょう。

BMW10年落ちのを購入するリスクは?

一般的に輸入車は、日本車よりも短いスパンでの部品交換が要求されることが多いです。例えば足回りのブッシュ(ゴム)類などは、車検ごとに交換する事が推奨されています。

10年落ちの中古車が安いからと言って、すぐに飛びついてしまうと後々の修理費用が多大になる可能性が高まります。

そして、維持費が余りにも高額で手放してしまうという結果になることがデメリットではないでしょうか。

新車で輸入車を購入する日本人の多くは、初回の車検か2回目の車検で手放してしまう場合が多いようです。それは、後々の整備費用が膨らむことを懸念した結果であるともいえます。

BMW10年落ちの中古車を購入した後の維持費って?

ここでは、実際に10年落ちBMWを購入した後に、どの位の維持費がかかるものなのかを解説します。

BMW10年落ちの一般的な維持費

10年落ちのBMWを購入した場合に、普段交換するオイル代などって実際にどのくらいかかるものなのでしょうか?

ヨーロッパ車は、オイル交換サイクルを長くする傾向にあります。BMWもそのヨーロッパ車の一つです。

一般的な日本車の場合は、3000㎞~5000㎞前後で交換する人が多いでしょう。勿論日本車も最近は、エンジンオイル交換サイクルを伸ばす傾向がありますが、ヨーロッパ車のように25000㎞毎などとはなっていません。

その代わり欧州車のオイルは、ロングライフに対応する必要があり高価なものが多いです。日本車の交換サイクル頻度と比較して、ヨーロッパ車が極端に高いわけではないといえます。

油脂類だけではなく、エレメントなどの定期交換パーツも10年落ちのBMWだからと言って、日本車よりも高いということではないでしょう。

10年落ちの車検や故障費用は?

日本車の維持費との違いで大きい部分になるのではないでしょうか。一般的にディーラー車検で比較した場合、日本ディーラーよりもBMWの方が高い傾向にあります。

これは、先程もお話ししましたが、車検時に交換する部品が多く、しっかり交換するからでもあります。また比較的日本車よりも重量が重く、排気量も大きめなこともあるため税金関連も高めになる傾向です。

実際にBMWって、どの位故障する確率が高いのでしょうか?答えを先に行ってしまうと、「非常に少なくなっています」という結果です。

2019年故障率ランキングを表にしてみました。

順位 メーカー 指数
① レクサス 106
② ポルシェ 108
③ トヨタ 108
④ シボレー 115
⑤ ビューイック 118
⑥ ミニ 119
⑦ BMW 122
⑧ アウディ 124
⑨ ヒュンダイ 124
⑩ キア 126
米JD POWER自動車耐久品質調査で「レクサス」が8年連続首位を獲得 | clicccar.com
●レクサス・トヨタが1-2位を獲得。平均以上の耐久品質だった日本メーカーは? 米・JDパワー社の2019年自動車耐久品質調査(VDS)で、トヨタ自動車の「レクサス」が首位を獲得しました。「トヨタ」ブランドも「ポルシェ」と並んで2位にランクイ...

上記の結果が全てではないと思いますが、BMWは故障率が少ないメーカーという結果です。確かにレクサスやトヨタといった日本メーカーは、エクセレントな結果です。しかしながら他の日本メーカーは、トップ10には入っていません。

では何故高いと感じるのでしょうか?やはり実際に壊れた時のパーツ代と交換費用が高いからといえます。オートマ故障などでは、100万円なんて事も普通に起こりえます。

勿論新車価格が、1000万円・1500万円というモデルもBMWには多いのですから、主要パーツの故障では、費用が膨大になる可能性が高いです。

10年落ちのBMWを買った結果、泣かないためには?また乗りつぶすには?

ここでは、10年落ちのBMWを購入する際や、10年経過したモデルを更に10年、15年と乗り続けるためのポイントを解説します。

10年落ちBMWの失敗しない選び方

中古車は、BMWだけでなく日本車であっても、状態は千差万別です。それは前のオーナーの整備状態によっても大きく変化します。

10年間の整備記録簿などがしっかりとしていて、さらに内装などの状態管理もしっかりと行われている車をチョイスすることが、維持費が膨大にならない必須条件と言えるでしょう。

そうはいっても、車にはアタリハズレがあります。しっかりとプロが「大丈夫」と見立てた車に出会うことも大切です。

まとめ

ここでは、10年落ちBMWの維持費や購入したあとに「失敗した」と思う確率が少なくなる方法を解説しました。

BMWは、世界的に見て故障が多いというわけではありません。ただし主要パーツが故障すると膨大な修理費になる可能性が高いです。普段の整備が肝心になるでしょう。