バンパーの傷気にしない?その車の傷は放置しても大丈夫

車の修理
スポンサーリンク

車のバンパーには、フロントのフロントバンパーとリアのリアバンパーの2種類があります。 バンパーは人や車を守る上で重要な役割を果たします。

特に日本車の場合、バンパーは適度な柔軟性があり、意図的に破損しやすいように作られています。 これは、バンパーが車の前後から衝撃を受けてエネルギーを分散させると、バンパーがへこんだり割れたりするためです。

そのようなバンパーですが、実際にバンパーの傷を気にしなくて大丈夫なのでしょうか。放置してもいいのかしらべてみました。

スポンサーリンク

バンパーの傷気にしないで乗っていても問題ない?

車庫入れの際の操作ミスや駐車中の子供のイタズラなどが原因で、車のバンパーに傷が付いてしまうことがあります。

もしも鋼鉄製のボディーに傷が付いた場合は、錆が発生する恐れがあるのですぐに修理をしなければなりません。

これに対してバンパーは錆びない樹脂で作られているので、場所によっては放置しても問題がない場合があります。

ただし車体の部分まで傷が付いていた場合にはボディーが腐食する恐れがあるので、すぐに修理をする必要があります。

バンパーに傷が付いた場合には、場所や見た目を考えて修理をするかどうかを判断すべきです。

傷が付いた場所が樹脂の部分のみで見た目を気にしないのであれば、修理せずにそのまま乗り続けるという選択もありです。

バンパーの傷を修理しないで放っておくデメリット

車のバンパーに傷ついても気にしない、走行に問題がなければそのまま放置してもいいと思っている人も多いかもしれません。

町中にはたくさんの車が走っており、その中には傷だらけのものやバンパーへこんでいるものも多数あります。

しかし、走れるからといって何もせずに放置すると、小さな傷やへこみのように見えても、車体への衝撃により内部に影響を与える場合があります。

ほとんどの場合、表面に傷やへこみがある場合でも車検に合格しますが、特にバンパーは事故時の衝撃を吸収するクッションの役割の部品であるため、へこみやひび割れがあっても 小さい、事故が発生するはずです。

衝撃吸収性を発揮せず、発生時に大きなダメージを受ける可能性があります。

傷やへこみを放置した場合のデメリットとしては、車体の劣化や塗装の剥げ、外見上の見栄えの悪化などが挙げられます。

修理せずに放置すれば、車の寿命を減らすことになるでしょう。

放置するよりも早めに修理を行うことでかかる費用も少なく抑えられる上、大切な車を守り、車の寿命をのばすことに繋がっていきます。

バンパーの傷を修理しないで売却は影響する・しない

バンパーに傷がついてしまい修理せず売却をする時金額に影響を及ぼすか気になるところです。

傷が付いている自動車は、安い金額でしか下取りしてくれないあるいは買い取ってくれない可能性はあるでしょうか。

結論から言えば、少し位の傷がついていても気にしない方が良いといえます。

なぜなら、売却をする場合ほとんど金額に影響がないからです。

例えば、線が10センチ位入っている場合は、ある程度修正することも可能です。それが金額に影響を及ぼす事はあまりありません。

しかしながら、完全にバンパーが割れてしまうレベルに達していればもはや査定金額も少なくなってしまうでしょう。バンパーを取り替えるためには20万円ぐらいかかりますが、その分だけ買取価格が安くなるわけです。

バンパーの傷は手間と金額に合わせて対処する

お気に入りの愛車は、ひとつも傷をつけずに大切に乗っていたいものです。

しかし気を付けて運転をしていても、自宅の塀にぶつけてしまったり、路肩に乗り上げて車体をこすってしまったという経験をなさった方は大勢いるでしょう。

特にバンパーは傷ができやすい箇所なので、その時は修理をするのが望ましいです。

バンパーの傷を隠すには2通りの方法があり、必要となる金額や手間に合わせて対処をしましょう。

コストが掛からないものの手間が掛かるのがセルフ修理です。

タッチペンをカー用品店やホームセンターで購入して、自身で対処をするものです。

手間が掛からないもののコストが若干高くなるのが、整備会社に任せる方法となります。

どちらを選択してもバンパーの傷を消せる、自身にとって都合がいい方法を選びましょう。

バンパーの傷を修理に出す場合どこで修理する修理費は

車のバンパーは前方にあるフロントタイプと後方にあるリアタイプの2つがあり、人と車を守る上で重要な役割を持っています。

日本車の場合はバンパーは適度な柔軟性があるので、車の前後から衝撃を受けた場合に凹んだり割れることでエネルギーを分散させ、搭乗者の安全やエンジンなどの部品を守る役割を持っています。

しかし障害物にぶつかりやすい車の先端と後端に位置されており、柔らかめの素材が使われているため傷がつきやすくなります。

そこでバンパーで付いてしまった傷を修理する場合、専門業者に依頼すれば簡易修理として5cm×5cmの小さな傷や凹みもほとんどないなら一万円以下の費用で対応してもらえます。

バンパー側面を擦った部分修理なら、板金と塗装のやり直しを行うため2.5万円~4万円かかり、中央付近まで広範囲に擦ってしまった場合や塗装の継ぎ目が気になる場合は一本塗りとして3万円~5万円の費用がかかりバンパー交換の場合は、5万円〜8万円程度がかかるようです。

バンパーの傷を自分で補修する場合どんな方法がある

うっかりとバンパーを傷つけた時に、自分で直す方法にはどのような方法があるでしょうか。

まずは大きさや深さなどによって補修の仕方が変わるので、傷の具合を確認することが大切です。

確認をするときは水で濡らしてみるとわかりやすくなります。

水で傷が浮き上がってくれば塗装の必要もありますが、水で目立たなければコンパウンドという研磨剤を使ってこするときれいにすることができます。塗装の表面を削ることで傷を目立たなくできるからです。

濡らしても傷が見えていて深い場合は、汚れをきれいに落とした後ささくれなどをカッターナイフで削り取り、耐水性のあるサンドペーパーで水に浸けながら塗装を研磨して権幕図や汚れを落とします。

次にバンパープライマーで塗装前の下処理をして乾燥させてから、バンパーパテで塗装をした後研磨をするという方法で補修をします。

バンパーの傷自分で補修できるケースとできないケース

バンパー傷の補修の場合、引っ掻きなのか、擦りなのか、へこみなのか、これらの複合なのか、その傷の性状によって補修方法が違います。

まずは、そもそもバンパー傷を気にしない場合は「そのまま」にしておきましょう。

最近のバンパーの材質はほとんどが錆などの腐食の心配もないので、それ以上のバンパー傷の広がりはありません。

引っ掻き、擦りの場合は被膜損傷程度であればタッチペン補修で可能です。

この場合色番が決まっており、車の取扱説明書に記載されていますので確認してください。

へこみの場合パテ補修が必要ですのでカーショップに相談してください。

これ以外の場合は専門業者に依頼されたほうが補修技術も値段も見た目も満足いきます。

 

車の修理
スポンサーリンク
Mfit Style