ハイエースのガソリン車の寿命は?走行距離や年数の基準ってあるの?

車のメンテナンスや車の知識

ハイエースのガソリン車の寿命とされる走行距離や年数について、ハイエースを長い間乗るためにチェックするべき場所や車の寿命とされる基準についてご紹介します。

ハイエースは何年乗れる20万キロ走れるの

ハイエースの寿命に影響するかなりの条件のひとつとして、走行距離があげられます。

車は走らせることによって部品を消耗し、長い距離を走行させるほどパーツは摩耗・劣化していくのです。

当然ですが、経過年数が寿命に関わりが無いわけではありませんが、走行している車としていない車を比べると、走行距離が短い車である程エンジンなどのメイン部分の消耗が少ないそうです。

ハイエースの寿命といわれる走行距離

 

この投稿をInstagramで見る

 

大塚 尚利(@oochan70104)がシェアした投稿


一般的に見て、ハイエースを新車で購入した寿命と言われている走行距離は1年に1万キロ走行を想定して10万km~15万kmこの付近で何らかのトラブルが生じやすくなるそうです。

しかし、こういう数値は定期的なメンテナンスを実施せず必要最小限の消耗品交換だけで走行した状況での数値だそうです。

車の寿命が来たと言われるトラブルの一つに『タイミングベルトが切れる』ということがあります。

タイミングベルトはエンジン内部にある部品で、交換目安を自動車メーカーが10万キロと推奨しているのです。

しかしながら、近年の車にはタイミングベルトに代わってタイミングチェーンというパーツが使用され、交換推奨距離が30万キロにまでアップしています。

車の使用年数の平均は

車の寿命とされている年数はどのくらいでしょうか。2018年の乗用車(軽自動車は除く)の平均値使用年数は13.24年となり、3年連続の増加でこれまでで一番となったようです。

また、10年前と比較して1.57年長くなっている。

技術力の発達により故障や事故が減少し、使用年数がアップしていることも理由としてあげられます。

そもそもハイエースの寿命を考えた

ハイエースの寿命ということはどういう点をもって寿命とするのでしょうか。

車の部品は大部分が交換できます。

エンジンが動かなくなったら交換出来ますし、ボディに凹みや傷ができればも修理することはできます。

極端に言うならば、壊れた部品を交換し続ければ車はずっと乗り続けることが可能でしょう。

かと言って、自動車メーカーはいつまでも古い車の交換用部品を提供してはいただけませんから、自動車メーカーの部品供給が終了すれば、まさにその車の寿命がやって来たのかもしれません。

多くの人はよほどのことがない限りエンジンを交換してまでその車には乗り続けないと思います。

エンジンが壊れ交換する場合、何十万円ものお金が掛かかる可能性もあります。

エンジンだけに限らず、どこか壊れてしまったときは、修理を考慮したうえで買い換えるかどうかを決定する人がほとんどです。

最終的には車の寿命は乗るあなたの判断で決定すると言えるのかもしれません。

ハイエースのガソリン車のメリットは

ハイエースガソリン車のメリットを3つご紹介します。

・ディーゼル車に比べて新車価格がお安いガソリン車の車両価格が50万円以上安くなっております

・ガソリン車は振動やノイズに対して静かで音に対して敏感な方に関してはガソリン車はいいです

・高出力で走行中の安定性と伸びのあるパワーが魅力的。

 ハイエースは外国で高い価格で売れる

近年では、ある程度乗りつぶしたハイエースだとしても高い価格で売れるようになりました。

この理由としては外国販売ルートの拡張があげられます。

外国では一台の車を動かなくなるまで部品の交換をして、修理困難になるまで乗る国がたくさんあります。

特に途上国にあたって車は一生涯の買物だそうです。

そんな外国ではハイエースは非常に人気が高く、勢いよく売れてるようです。

私達日本人はもちろんハイエースを購入し、普通に乗っているので、

ハイエースがどの程度優秀な車であるかを知る機会が少ないと思います。

日本車では当然ですが、エアコンやカーオーディオ、といった装備は外国ではオプションで相当なお金が生じます。

また日本車は燃費が極めてよく、世界一と呼ばれているくらいです。

ハイエースは、外国の国で高評価を得ており、近年では東南アジアなどにおいても販売経路が拡大され、ハイエースのニーズはさらにアップしています。

ハイエースうるなら【ボロボロエースカウカウ】

 まとめ

ハイエースの寿命とされているのは以下の通りにまとめました。

・一般的に走行距離が10~15万キロ寿命とされている

・平均の使用年数が13.24年色々な消耗品や平均的な廃車にする平均年数

・しっかりとメンテナンスを行い、パーツ交換をすることで、20万キロ以上継続して乗るということも出来る。

しかし、車の寿命ははっきりした定めがないことから、その時の車の価値よりも修理にお金がかかる場合を寿命と感じる人が多いそうです。

実際のところエンジンといったソースにかかわる部品の修理には、高額のお金が発生します。

部品が壊れ交換するにもお金が必要です。

車の価値はそれぞれに全く違いますから、寿命のものさしも異なるようです。

車関連のサービス一覧


確実に3千円分得する愛車の買取はこちら
楽天の車買取確実に3千円分得する愛車の買取はこちら
全国対応 故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!
カーネクスト廃車買取
安い車検店舗が見つかる。ポイントも貯まる。車検の比較&予約サイト
【楽天車検】
あなたのハイエースを高く売るなら・・・
ボロボロエースカウカウ
車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索
グーネットピット
中古車情報・中古車検索よい中古車がみつかる
中古車ならgoo-net(グーネット)
月2万で新車ヴェルファイアなど高級ミニバンに乗れる!
リースナブル
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり
「保険スクエアbang! 自動車保険」