車の修理代が50万を超えることも?事故車にかかる修理の相場や内訳

車のメンテナンスや車の知識

事故に遭ったときにまず気になるのが自分の車の修理代ではないでしょうか。

ひとまず事故対応処理が終わった後に、一体いくらで自分の車を直せるのか心配になります。

これまで事故車の修理代は50万円くらいかかると友人などから聞いていて、それは高いと感じていたかもしれません。

今回は、実際の事故車にかかる修理の相場がいくらくらいなのか調べてみました。

修理をする部位ごとの費用の内訳についても解説していきます。

もし修理をするならどんな業者を選んだら良いのか、50万円の修理代なら廃車にすべきかどうかについても説明します。

事故車の修理代は50万円?

事故車の修理代は50万円はかかると言われることがありますが、実際にはかなりバラツキがあります。

なぜなら修理をする部位によって費用が変わってくるからです。

部位ごとにどれくらいの修理代がかかるのか考えてみましょう。

バンパー

事故の時に一番傷つきやすいのがバンパーです。

バンパーの修理や交換には10万円前後の費用がかかります。

傷が浅くて交換しなくても良いときには10万円以下で直すことができますが、損傷が大きくて交換となると15万円ほどかかることがあります。

エンジン

エンジンが壊れていると最低50万円の修理代がかかります。

車にとってエンジンは一番大切なパーツですし、複雑なパーツでもあります。

そのため修理や交換費用が高額になります。

ハイブリッド車のエンジン修理は、普通のガソリンエンジンよりも複雑なため100万円近くなることもあります。

ドア

ドアがへこんだりして修理をするときには、5万円前後の修理代が必要です。

交換すると10万円近くかかることがあります。

もし外車ならドアを海外から取り寄せることがあるので、さらに費用がかかってしまいます。

フレーム

車の骨格であるフレームを修理するときには50万円前後の費用がかかります。

フレームの修理箇所が少なければ10万円くらいですが、複数の場所を直していくときには高額になります。

どうして事故車の修理代にバラツキがあるのか

なぜ事故車の修理代にバラツキがあるのでしょうか。

それには4つの理由があります。

それぞれの理由について説明していきます。

故障程度

どれくらいの故障かによって修理代は高額になったり低額になったりします。

ただ単にドアがへこんでいるだけなのか、ドア周りのフレームも含めてゆがんでしまっているのかによって修理代が変わってくるのです。

故障部位

故障しているのがエンジンなのかバンパーなのかによっても費用は変わります。

バンパーだけなら10万円の修理代となりますが、エンジンの故障なら100万円近くすることがあります。

修理内容

修理内容が簡単だと工賃は安いですが、複雑になると高額になってしまいます。

傷やへこみを直すだけではなく、電気系パーツを交換すると修理内容が複雑になります。

工程が難しくなるほど時間も手間もかかるため、手間賃がかさんでくるのです。

車のモデル

車のモデルが国産なのか外車なのかによって修理代は変わってきます。

前の項でも少し触れましたが、外車の場合はパーツを海外から取り寄せるためにどうしても費用が高額になりがちです。

国産車であっても高級車やハイブリッド車はパーツが高額になるので修理代が高くなります。

事故車はどこで修理したら良いのか

事故車を修理してもらえる場所は2カ所です。

★ディーラー
★民間の整備工場

ディーラーに頼むと修理代は高めですが、質の高いサポートを受けられます。

各パーツも必ず純正品を使ってくれるので安心です。

民間の整備工場は修理代を安くできるメリットがあります。

しかし保証期間がなかったり、修理中の代車サービスがなかったりします。

それぞれのメリットとデメリットを考えてどこに修理を依頼するか考えましょう。

修理代が50万なら廃車にすべき?

修理代が50万円なら廃車にすべきでしょうか。

一般的に修理費用が100万円ほどになるなら、廃車にすべきかどうかを考えた方が良いと言われています。

なぜなら、修理代が50万円と言うことは、工賃を差し引いた実質的な修理費は40万円前後です。

幾つかの整備工場から見積もりをもらって比較すると、50万円以下で修理をしてもらえる可能性があります。

また、保険を使って直すなら実質的な負担額はさらに低くなることでしょう。

他の車に買い換えるよりも安く今の車を乗り続けられます。

まとめ

事故車の修理代が50万円を超えることはあり得ます。

どこを破損したかによって最終的な修理費は大きく違ってきます。

バンパーやドアだけの修理ならそこまで費用は高くなりませんが、エンジンやフレームも含めて修理をしたり交換をしたりすると修理費用は高額になります。

損傷の度合いがひどくて修理工程が複雑になると時間と手間がかかるため、費用はさらに高くなっていきます。

もし費用が100万円を超えるようなときには、車の買い換えなどを検討した方が良いでしょう。

修理代が50万円前後なら、ディーラーや民間の整備工場などで見積もりを取って比較してください。

50万円以下で修理ができる可能性があります。

自動車保険を使うと、さらに安く修理を行えることもあるので覚えておきましょう。

クルマを高い価格で売りたいときは無料一括査定がおすすめ
『下取り』よりも『買取り』のほうが、平均すると16万円も高い金額で売れた!

お客さんの70%の方が5万円以上の査定額差を経験した
車買取一括査定を、積極的にご利用ください。
簡単な入力で、あなたの愛車を高く買い取る会社がすぐに見つかります。

愛車を高く売りたいなら楽天で一括査定!

あなたにピッタリの格安の自動車保険を見つけるには
「見積をいただいてみたところ、今の保険料よりも安い価格だった!」

という方がたくさんいます。
安くなった金額の平均は、ビックリするかもしれませんが約25,000円。
自動車保険選びは、なにより見積の取寄せから。 見積の結果を比べれば、
あなたにぴったりな保険が探せます。
その中には、「50,000円以上安くなった」という人も!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり