車の所有者が死亡した時の廃車方法は?どうすればお得なの?

廃車
スポンサーリンク

車の所有車が死亡してしまったとき、廃車の方法を皆さんはご存じでしょうか?

もし故人が親族で、「手続したことがあるよ」と言う方は、方法を解るかもしれません。

まだ一回もそういう手続に遭遇していない方は、全くわからない方が多いでしょう。

今回は、車の所有者が死亡した時の廃車方法やおすすめ依頼先などを解説します。

スポンサーリンク
「車を高く売りたい!」人に向けて車一括査定5サイトを比較してご紹介しています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>車を高く売りたい!車一括査定5サイトを徹底比較
「車を高く売りたい!」人に向けて車一括査定5サイトを比較してご紹介しています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>車を高く売りたい!車一括査定5サイトを徹底比較

車の所有者が死亡した時の廃車の流れ

車の所有者が死亡した時の廃車方法とは、どのような書類が必要で、どのような手続方法が必要になるのでしょうか。

車の所有者が死亡した際の廃車に必要な書類

車の所有車が死亡した後に廃車処理する場合は、かなり必要な書類が出てきます。

書類だけではなく、一般的には相続人に名義変更してから廃車処理するケースが多いといえます(亡くなった名義人のまま処理することも可能です)。

基本的に必要な書類

  • 遺産分割協議書→相続権のある方全員の印鑑証明&押印
  •  戸籍謄本→故人の法定相続人であることを証明ため
  •  除籍謄本→戸籍謄本で故人が確認できない時
  •  車検証
  • 印鑑証明書 1通と実印
  •  ナンバープレート
  •  リサイクル券

車の所有者が死亡した際の廃車手続の一般的な流れ

永久抹消する場合は、リサイクル事業者に車を処分してもらってから業者から発行される書類と上記書類をもって、管轄の陸運支局で手続することになります。

ナンバープレートを相続人が勝手に外してしまう事は違法になります。

さらに相続の話し合いなどが長引き、その車の車検が切れてしまうと、解体する際にも車を搬送しないとならなくなります。時間だけでなく、費用も掛かるといえます。

一時抹消の場合は、一旦使用中止する事とし、後日ナンバーをとリスケして乗ることのできる手続です。

この場合は、上記の必要書類を管轄の陸運支局に持ち込み手続します。

この場合は、一旦相続人の名義に変更してから一時抹消するケースが多いので必要書類が増える傾向になります。

全ての書類を取り揃えるだけでも、かなりの重労働になるのに、さらに車の解体をしに行ったり管轄の陸運支局で手続したりといった複雑で時間のかかる作業になりそうです。

車の所有者が死亡した時の廃車は廃車買取業者に任せると良い!

先述しましたが、車の所有者が死亡した時の廃車手続きには、色糸な書類取り付けだけでなく、解体手続きなどが必要になるケースがあります。こう言った時に役に立つのが、廃車買取業者です。

廃車買取業者なら自分で行うより楽で買取額も付く可能性も!

必要書類は、自分で手続しても買取業者に処分をお願いしても用意する必要があります。

もし弁護士などに依頼をして、これら一歳の処理をお願いする場合は、比較的楽だとしても費用が膨大になります。

もし処分する側で必要書類を取り付けて、その後の廃車手続・処理を任せられるとしたら、非常に楽ではないでしょうか。

場合によっては、お金がかかって処理する廃車費用が実質無料になったり、場合によっては車の価値があり買取価格も点く可能性があります。

ネット検索でなるべく多くの廃車買取を検索!

できるだけ多くの廃車買取業者に問合せしていくことも重要です。廃車処理の手数料も違いますし、買取の有無や金額の違いも大きいからです。

場合によっては、廃車買取専門ではない通常の車買取業者でも、車種によっては金額が高くつくこともあります。より多くの情報や結果を利くことも重要でしょう。

車の所有者が死亡した時の廃車では(注意点)

車の所有車が死亡したあと廃車にする場合には、いくつかの注意点があります。

中でも重要と考える注意点を記載します。

まずは法定相続人が決まらないと廃車にできない

車は、財産分与しなければならない物になります。故人の代わりに相続人が手続を取る必要が出てきます。

このため、車の所有者が亡くなった場合は、誰が相続人になるかを先ず決定させないと、廃車にするにしても手続できません。

相続人の人数が多ければ、多いほど話し合いや書類取り付けに多くの時間もかかります。

車をいきなり処分するという話にはならないという気持ちが必要でしょう。

所有者がディーラーなどで残債がある場合は・・・

また車検証の所有者の蘭にディーラーや信販会社などの記載がある場合は、注意が必要となります。その車の所有権が所有者にあるからです。

とくにローン残債がある場合などは、そのローン完済後でないと廃車処理もできません。

所有者蘭に故人以外の法人が記載してある場合は、現在の車のローン状況などを確認することが先決でしょう。

まとめ

ここでは、車の所有者が、死亡した時の廃車方法は?どうすればお得なの?という話をしてみました。

筆者としては、必要書類は、相続人がしっかりと用意し、車の廃車手続きや処分に関しては、廃車買取業者などに任せるのが、一番良い方法ではないでしょうか。