N-BOXツートンカラーどの色が人気なの?人気色を解説

ホンダ
スポンサーリンク

N-BOXは、ホンダの中で一番販売台数の多い軽モデルです。

ホンダだけでなく日本で一番売れているスーパーハイトワゴンでもあります。

そのN-BOX(カスタム含む)の中で、ツートンカラーは、どの色が人気なのでしょうか?ここでは、N-BOXツートンカラーで人気色を解説します。

スポンサーリンク
「車を高く売りたい!」人に向けて車一括査定5サイトを比較してご紹介しています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>車を高く売りたい!車一括査定5サイトを徹底比較
「車を高く売りたい!」人に向けて車一括査定5サイトを比較してご紹介しています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>車を高く売りたい!車一括査定5サイトを徹底比較

N-BOXツートンカラーのグレードは?

出典:ホンダN-BOX

N-BOXでツートンカラーの設定があるグレードは、どのようになっているでしょうか?

N-BOX コーディネートスタイル

N-BOXには、大まかなグレード訳でいうとG、L、EX及びそのターボ、スロープ付きというグレード体系になっています。

そのグレード体系の中で、Lのコーディネートスタイル(ターボ含む)にてツートンカラー設定が行われています。

N-BOXカスタム コーディネートスタイル

一方カスタムモデルの大まかなグレード体制は、LとEX及びそのターボ、スロープ付きとなっています。その中でLのコーディネートスタイル(ターボ含む)にツートンカラーの設定があります。

N-BOX及びカスタムのグレードの中で、コーディネートスタイルにだけツートンカラー設定がされているという事は、他の多くのグレードはモノトーンカラーであるともいえます。

N-BOXツートンカラーでの人気色は?ベスト3

出典:ホンダN-BOX

N-BOXの人気ツートンカラーはどのようなカラーリングなのでしょうか?ベスト3位形式で紹介します。

N-BOXツートンカラー【第3位】

出典:ホンダN-BOX

ミッドナイトブルーメタリック&シルバーのツートンカラーは、引き締まった雰囲気に見えるカラーリングです。

人とは少し違うカラーリングが好みの方やスポーティ感が好みの方に人気が高いといえます。

出典:ホンダN-BOX

ホンダのレッドカラーを購入したいと思っている方は、自動的にツートンカラーをチョイスすることになります。モノトーンカラーが存在しないからです。

プレミアムクリスタルレッドは、5層コート仕上げでクリアなレッドが特長です。これにブラックルーフカラーがあしらわれることで、高級感も与えられています。

ツートンカラー第3位は、N-BOXカスタムの中でも特色があり、個性の強い2カラーを同順位としました。

N-BOXツートンカラー【第2位】

出典:ホンダN-BOX

N-BOXの中で一番販売数の多いカラーがホワイトです。その中でプラチナホワイトパール&ブラウンのツートンカラーは、やさしさの中に気品を感じさせる雰囲気で仕上げられています。モノトーンとは違う柔らかさが与えられています。

全体的に人気の高いツートンカラーを2位にしました。

N-BOXツートンカラー【第1位】

出典:ホンダN-BOX

堂々の第1位は、やはりプラチナホワイト&ブラックのツートンカラーだと考えます。人気カラーにブラックルーフをあしらった配色が、N-BOXカスタムをより一層引き立てるカラーリングといえます。

人気のパールホワイトにブラックルーフと言う鉄板配色が、N-BOX系では第1位と考えます。

この他N-BOXでは、プレミアムアイボリーパールⅡ&ブラウンと言うカラーリングがあります。こちらは上品さとカジュアルをミックスさせた雰囲気に仕上げています。

N-BOXのツートンカラーって?

出典:ホンダN-BOX

N-BOXのツートンカラーは、どのような特長があるのでしょうか?

コーディネートスタイル系グレードしかツートンカラー設定がない

筆者は、N-BOX(カスタム)を調査していくと、ツートンカラーの設定がコーディナートスタイルのみに設定されているカラーリングです。

ツートンカラーに乗りたい場合は、自動的にツートンカラー専用として購入する必要があります。

そのためN-BOX L FFモデル1,579,600円に対して、N-BOX Lコーディネートスタイル FFモデルは1,799,600円と、割高感を感じるかもしれません。

人気となるはずのブラックベースのツートンカラーがない

N-BOX(カスタム含む)のツートンカラーには、ブラックメタリック又はパールベースのツートンカラーの設定がありません。

ブラック自体が人気カラーになっていることから、ツートンカラーを設定したらかなり人気が出ると考えます。

ライバルメーカーは?

ダイハツでいうとタント系で、スズキではスペーシア系がライバルとなります。両モデルともツートンカラーはありますが、N-BOX同様に3〜4色の設定となっています。

モノトーンカラーの大体半分くらいのカラー数で設定されている点では同じくらいの割合であると考えます。ダイハツ・スズキともにカスタム系は、凛々しいカラーリングとなっています。

一方通常タント・スペーシアでは、ホワイトルーフが両モデルとも採用されているので、N-BOXが一線を画しているといえます。

ここでは、N-BOX(カスタム含む)の人気ツートンカラーを紹介しました。N-BOXだけでなく、ツートンカラーの設定はモノトーンと比べて多くはないという事も判明しました。