プリウスのバッテリーの減りが早い!バッテリー交換時期 なの

トヨタ
スポンサーリンク

プリウスをお持ちの多くは方々は燃費の良さに惹かれたのではないかと思います。

何年かプリウスに乗っていて、ここ最近バッテリーの減りが早い燃費が落ちてきたと感じるようになっていませんか?

今回はそんなプリウスのバッテリーの減りが早くなる原因バッテリー劣化を感じた場合の対策について説明していきます。

スポンサーリンク

プリウスのバッテリーの減りが早いそのワケとは?

プリウスは販売当初から根強い人気があり、代表的なハイブリッドカーです。

プリウスのバッテリーの減りが早いと感じている場合は、本体が老朽化しており、燃費が悪くなっているからと言われています。

プリウスにはバッテリーが2つあります。

駆動バッテリー」と「補機バッテリー」です。

一般に劣化しやすかったり周期的なお手入れを要するのは補機バッテリーの方です。

ライトの点きが悪くなったり、パワーウィンドウが反応しにくい場合はバッテリーの交換が必要です。

自動車を長持ちさせるためには、定期的に点検をしてもらうようにしましょう。

プリウスは新車の時に比べると年数が経過すると、バッテリーの減りが早くなったり、燃費が悪くなってしまいます。

購入をしてから8年から10年を過ぎている場合は、新しい商品と買い替えたほうがお得になることが多いです。

正規ディーラーでは経験豊富な整備士が担当するので、わかりやすく丁寧な説明を受けることが出来ます。

プリウスのバッテリーの減りが早いと交換しないといけないの?

自動車バッテリーを交換するタイミングは、大体2年から3年に1回だと言われています。

ただしプリウスのようなハイブリッド車の場合は、4年か5年に1回が交換すべき目安年数だとされているため、軽自動車やトラックに比べるとバッテリーが長持ちしやすいという傾向があります。

その上でプリウスのバッテリーの減りが通常よりも早いようなら、新しい物に交換しておいたほうが安全です。出先でバッテリー上りが起きてしまったら、エンジンがかからないというトラブルに見舞われる可能性があるからです。

自宅の駐車場でジャンピングスタートをした後に30分ほど走らせる、それでも翌日にバッテリー上りが起きてしまう、そんな状態のプリウスなら確実に交換が必要になりますので、プリウスオーナーは注意すべきです。

プリウスのバッテリーの交換費用や方法を解説

プリウスには、駆動用と補機のふたつのバッテリーがあります。

駆動用のバッテリーの本体価格は税抜きで13万円ほどとなっており、工賃もかかるため、費用の総額は17~18万円程度が相場です。

補機バッテリーの本体価格は税抜きで3~5万円ほどとなっており、数千円程度の工賃がかかります。

駆動用バッテリーは、コンピューターで制御されていることもあり寿命は長いです。

新車から5年間、走行距離が10万キロまでに寿命を迎えた場合には、無償で交換してもらうことができます。

プリウス専用のバッテリーを使用する必要があることから、ディーラーや車修理の専門店などに交換してもらうことになります。

補機も4~5年程度経過した頃が交換時期と言われており、ディーラーや車修理の専門店などで交換することができます。

プリウス駆動用バッテリーを劣化から守るには !寿命をのばす方法はあるの

プリウスは販売台数がかなり多い、人気の高いハイブリッド車ですが、これまでのガソリン車とは異なり、駆動用のバッテリーが組み込まれていることが最大の特徴です。

電気モーターで走行する際には欠かせないパーツになり、メーカー保証はあるものの、劣化を起こさずに寿命を延ばす方法があります。

プリウスにはバッテリーの残量を表示する機能があるので、極端に減っている場合はEVモードをオフにして走行するだけでも随分と寿命は延ばせます。

残量の減りが早いのではと感じた際には、充電を行う方法でクリアできますが、プリウスの駆動用バッテリーは暑さに弱い性質があるので、あまり運転する機会が少なく、ガレージやカーポートに駐車させている環境では、満充電にせずに多少のゆとりを持たせる方法で寿命は延ばせます。

トータル的は電子制御システムが作動している車種なので、通常の範囲での利用においては大きな問題にはなりません。

プリウスのバッテリーの交換のタイミングは

駆動バッテリーと補機バッテリーに分けられますが、駆動用に関しては、新車から5年間、若しくは10万キロ走行のどちらか近い時期で不調を起こした場合、メーカー保証が適用され無償交換を行えます。

独自のシステムで長寿命を実現しているので、駆動用は気にするまでの期間は非常に長いので安心です。

一方で補機タイプは一般的なガソリン車と同様の寿命とされています。

交換の時期は乗り方により違いがありますが、通常では2年から5年程度の期間毎に交換するタイミングが一般的です。

補機バッテリーは実際には運転状況により変化はあり、あまり乗る機会が少ない方や街乗りを主な用途としている方、寒冷地にお住いの方、車内オーディオやテレビを後付けしている方は短命です。

逆にある程度頻繁に運転している方や、長距離移動が多い方であれば、寿命は長くなります。

プリウス補機バッテリー寿命がきたら走行距離はどうなる

ハイブリッド・プラグインハイブリッドカーのプリウスには、走行用と補機用の2種類のバッテリーが搭載されています。

いずれも走行中などに電気を蓄えて必要な時に電力を供給するという働きは同じですが、異なる役割を担っています。

補機バッテリーは走行用には使用されず、エンジン始動・ライトなどの電装品・駆動システム管理、などのために必要な電力を供給します。

このため、補機バッテリーの寿命が近づいても燃費や走行距離に大きな違いが出ることはありません。

ただし補機バッテリーの寿命がくるとエンジン始動やシステムが作動しなくなるので、駆動用バッテリーの電力が十分な状態であったとしても走行ができなくなってしまいます。

通常は4~5年程度で寿命がきて交換が必要になるので、車検などの際にチェックするようにしましょう。

ハイブリッドカーの補機バッテリーがあがったときの対処法は

プリウスのようなハイブリッドカーには、ハイブリッドシステムの起動やドアロックやライトなどを行う補機バッテリーを搭載されています。

その補機バッテリーがあがったときには、救援車がそばにいるならば対処法があります。

救援車と救援を受ける車のエンジンルームのヒューズボックスにある接続端子をブースターケーブルを接続をします。

救援車のエンジンがかかった状態で接続をしていれば、バッテリーが上がっていてもエンジンを動かすことができます。

そうして、しばらくの間走らせるか、数時間はエンジンを動かし続けていれば充電が行われます。

ただ、補機バッテリーには寿命がありますし、充電を繰り返すと劣化が進みます。

そうなれば、容量が低下して充電できなくなるので、上がりやすくなります。

その場合には修理をしても仕方がないので、ディーラーやカー用品店に持ち込んで交換してもらうか、自分で交換をするかを選びましょう。

トヨタ
スポンサーリンク
Mfit Style