新車をできるだけ安く買うポイント5つ!新車の賢い買い方とは

車購入
スポンサーリンク

あなたは、新車を買うときは正直言って「誰よりも安く買いたい!」と思ってしまうのではないでしょうか。

もちろん「そんなこと一回も思ったことないよ」と言う方もいるかもしれませんが、多くの方が「安い方が良い」と思うと考えます。

今回は、新車をできるだけ安く買うための5つのポイントをご紹介し、賢い新車の買い方の手助けに鳴ればと思います。

スポンサーリンク
「車を高く売りたい!」人に向けて車一括査定5サイトを比較してご紹介しています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>車を高く売りたい!車一括査定5サイトを徹底比較
「車を高く売りたい!」人に向けて車一括査定5サイトを比較してご紹介しています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>車を高く売りたい!車一括査定5サイトを徹底比較

新車をできるだけ安く買うためには【ポイント1 準備編】

新車をできるだけ安く買うには、ユーザーの欲しい車がしっかり決まっていることが重要です。

欲しい新車候補や色などを吟味して選ぶ

新車で車を購入したいと思ったときに、「どのような車」・「メーカーは?」・「車種は?」など漠然と思い浮かべる方もいれば、「この車かあの車」というように、ある程度確定させている人など様々だと考えます。

この中で重要なのは、「この車のこの色で、このグレード」と思っている方は、その車が好きで欲しいと考えていて、揺らぎが少ない所まで調査しているケースが多いといえます。

こういった方は、この車がどの位安く買えるかという事に注目すれば良いという結果になります。

一方「漠然とこういった車が欲しい」と言う方は、まず「この車かあの車」と言うように候補を2車種前後までに絞ることと、エクステリアカラーを絞ることが重要です。

出来れば、欲しいグレードを候補車種の中で決めておくことも大切となります。

新車を購入したいけども、用途や車種が決まらないと後々、「気に入らない」・「狭い」などと後悔することが多いからです。

新車が自分の欲しい車かを必ず店舗でチェックする

候補車種が決まったら、必ず一度は販売店舗に行って実車確認をすることが大切です。

候補車種を決めるときは、ネットなどで検索して形や色などを調査すると思いますが、色合いや内装の質感などは、実際に見に行かないと雰囲気がつかめないからです。

エクステリアカラーは、比較的人気カラーがショールームに並んでいることも多いので、モニター越しの印象と大きく違わないかなどのチェックも可能です。

欲しい新車が見つかったら!【ポイント2 交渉編】

欲しい車が決まったら、どのように進めるのが良いのでしょうか?

担当営業マンによって値引き交渉を考えて交渉する

欲しい車が決まったら、取扱しているディーラー店舗に行って見積もりをお願いしましょう。

もちろん全く知らないディーラーに行くよりも、何らかのかかわりのあるディーラーの方が交渉やその他がスムーズにいく場合があります。

  1.  ディーラー役員と知り合い
  2. ディーラー支店長と知り合い
  3. ディーラー営業マンと知り合い
  4. ディーラー営業マンを紹介
  5. 全くの新規

今までの筆者の経験では、上記の1から順に値引額が下がっていく印象です。

特にディーラー役員の知り合いだったケースでは、ハイエースの新車が100万円引きになったという知人もいました。

見積もり作成や交渉には、店舗営業マンが対応することになります。この場合担当営業マンの正確を把握すると良いでしょう。営業マンは、大きく分けて2パターンの性格があるといえます。

  • 最初に営業マンができる最大の値引きを盛り込んでくるタイプ
  • 交渉の中で、値引き額を上げていくタイプ

営業マンも人です。売りたいと思った人には値引き交渉などが、なるべくスムーズになると考えます。

値引きが限界までと感じてからオプションや要らないサービスを削る

購入者が納得のいく値引きなどが引き出せたら、さらに安く購入するための交渉に入りましょう。

ただし、ココでの交渉はあまりやりすぎてしまうと、「売れなくても良いかな」と営業マンに思わせてしまいますので、言動に注意しながら行うことをおすすめします。

  • 営業マンが無料で提供できそうなオプションがないかを確認する
  • オプションの値引きはできないか聞く
  • 納車費用など削れるところがないか聞いていく(引き取りなら要らない)

新車をできるだけ安く買える条件は?【ポイント3 時期編】

新車を安く買うためには、購入者の交渉だけではなく、時期も重要な要素になります。ディーラーも一企業だからです。

決算時期前が比較的値引きしやすい

会社には、基本的に決算が存在します。決算前後では、車を販売し、登録したいと考える強い思いが変わってきます。当然決算前の方が、車を売りたいと思うディーラーが多いといえます。

決算前までに購入してあげたいという事を伝えることで、営業マンの力の入れ方が変わると言っても過言でないでしょう。

モデル末期の車種は値引きされやすい

車は、数年~10年前後に一回モデルチェンジします。また販売期間の中でも仕様変更などのマイナーチェンジが施されています。

モデルチェンジが間近な車種やマイナーチェンジ後に残っているマイナーチェンジ前モデルなどの新車では、値引額が多くくなる傾向があります。

購入者は、こういった情報を前もって仕入れておくことが新車をできるだけ安く購入できる手助けになるといえます。

新車をできるだけ安く買うために【ポイント4 重要要素】

新車をできるだけ安く買うのには、新車の車両価格の値引きだけではありません。ここでは、案外重要な要素の話をします。

乗り換えなどの売却車がある場合

乗り換えで新車購入をしたいと考えている方は、売却できる車があるという事です。売却する車によっては、ディーラー下取りではなく車買取業者の方が高額になる可能性があります。

カーセンサー.net簡単ネット査定

もし売却までに時間があるという方は、車オークション制度を利用してみるというのも一つの方法であると考えます。

楽天Carオークション

こういった専門業者などに売却する場合の注意点としては、新車が来るよりも前に買取が決まったら売却しないとならないケースがほとんどとなる点です。

車のない期間(空白期間)が発生する可能性があるので注意しましょう。例えば、ディーラーから納車までの期間代車が提供されるかなどの確認です。

金利の安いローン商品をチョイスする

車を現金で購入する人は、あまり関係のない事です。一方ローンを組んで購入する人は、注意してほしいのがローン金利です。

ローン金利は、高くて長期支払いになればなるほど支払総額が大きくなります。新車の値引きが数万円増えたことよりも、金利が2%下がるだけでも大きな差が出てきます。

新車をできるだけ安く買うために【ポイント5所有しないという方法】

皆さんは、新車をできるだけ安く買うと聞けば、現金やローンを組んで所有することを前提にするかもしれません。それ以外で新車に乗れる方法もありそうです。

カーリースを利用して初期投資を少なくして新車に乗る

カーリース制度を利用することで、新車購入の現金や頭金などを用意することなく、新車に乗ることが可能になります。

安心、おトクなマイカーリース「マイカー賃貸カルモ」

https://mfit009.com/karumokun20223/

カーリースは、一定期間、一定額の支払いをすることでその車に乗れる権利があるという事です。

カーリース終了後返却のいらない会社もある

現在カーリース会社の一部では、カーリース期間が終了したのちには、その車が所有できる(返却不要)という制度を設けている会社もあります。

カーリースでの注意点

カーリースには、メリットもあればデメリットもあります。やはり5年や7年リースにした場合、ア族構成変更や使用変更などで、どうしても売却したいと考えた時に違約金が発生することがあるのがほとんどです。

また事故などに遭ってしまい、修復しても残価が下がってしまい追い金が必要になることもあります。こういったデメリットがある点にも注意しましょう。

さいごに

ここでは、新車をできるだけ安く買うための5つのポイントを紹介しました。

新車が欲しいと考えた時には、購入だけでなくカーリースなどもありますので購入者にあったカーライフになるようにチョイスしていただければと思います。