車検が切れた車を取りに来てもらうには!どこに頼めばいいの

車検
スポンサーリンク

車検が切れた車で道路は走行できません。車検が切れた状況で道路を運転すると、罰則を受けることがおきます。

車検が切れてしまってもう運転できない車の車検を受けるにはどういう方法を取ればいいのでしょうか?

そこでどうすれば、車検が切れた車を引取りにきてもらう方法やほかにものポイントをご案内します。

スポンサーリンク

車検切れした車を取りにきて運んでもらう方法

車検の切れた車を車検に通すために必要な手段として、車検整備してくれる整備工場に車を引取りに来てもらう方法です。

車両積載車を使用して、車検切れの車を走行させることも必要なく、車を運搬してもらう方法です。

このような場合は仮ナンバーを取得することは不要です。

車を搬送してもらう方法では、仮ナンバーを申し込み申請する面倒はいりませんが、運搬コストが生じたり、状況によっては、車検切れの車の運搬を断られるかもしれません。

そういうわけで、お願いをする場合には、運搬・移動に要する費用や対応が可能かどうかを確認することが大事です。

仮ナンバーを取得して車を持ち込む方法が一番コストが掛かりませんが、取得するための申請手続きや仮ナンバーの返却で手間がかかるのが面倒になります。

車検切れの車の税金どうします

車検切れの車の税金に関しましてご説明します。

4月1日現在において車検証に記載されているお名前の車の持ち主の方は、自動車税を支払わなければいけないのです。

車の車検が切れたということで、その車にかかる税金の納付が免除されるということはなく、5月末の期限の前には、自動車税を支払うことになります。

このため、車検切れの車を買取りあるいは廃車にしたりするつもりであるならば、ほっておくとムダな税金が生じてしまうわけです。

それから、都道府県によっては、3月までに車検が切れた車について、使われていない車と思われ、自動車税納付書が送付されないという場合があります。

こうした場合も、自動車税が免除されていないため、お気をつけください。

現在使用しないが、いずれ使うつもりがある車の場合は、運輸支局で「一時抹消登録」の手続きをすることによって、自動車税の課税をストップすることができます。

年度途中でそのお手続きを行えば残り月数分の自動車税が還付してもらう利点もあるため、状況に応じて手続きを行うようにしてください。

車検切れの車・・・車検を通すなら引取り納車

車検が切れている車も、車検が切れていない車と同じように車検するということはできます。

料金や必要となる書類も違いがありません。

けれど、車検が切れている場合だと道路を走行させることの不可能なので、業者まで車検に出しにいくということが不可能です。

そのため、レッカー車を依頼するか、仮ナンバーを取得するなどといったことが必要です。

お金も必要になってしまい結構な手間だと言えますね。

そういった時に助かるのが業者が取りにに来てくれる引取り納車です。

車をご自宅まで引取りにきてくれて、車検が完了したら納車までして頂けます。

引取り納車ってどんなサービス?

引取り納車とはご自宅まで車を引取りに来てくれ、車検が完了したら納車までしていただけるサービスです。

車検が切れていて道路を走行できないといったときにはホントに助かります。

車検をしていただく業者が引取り納車に対応している業者であることが重要ですが、地域や時間の指定ができます。

費用は有料であることがほとんどですが、無料でやってくれる業者もあります。予約の場合など前もって確認しておいた方が良いでしょう。

引取り納車の流れは次の通りになります。

車検事前予約の連絡 引取り日時確定

引取り 業者に車を引取り

車検実施 業者にて車検作業を実施

納車 車検完了したら業者が車を納車

楽天車検なら引取り納車が安心

引取り納車できる業者を探すなら、楽天車検ならば引取り納車していただける業者が多数掲載。

楽天車検であればたくさんの業者で引取り納車をお使いいただけます。

豊富な割引や特典あり、さらに楽天ポイントももらえます。

この他には楽天カードで支払いをするとポイント最大1.5倍の業者さんもあるようです。

楽天車検引取り納車検索の仕方

1.検索窓に郵便番号を入力します。店舗を探すボタンをクリック

2.上部の車種を選択し次に「引取り・納車あり」にチェックを入れます。その他のサービスも必要であればチェックをいれ下の方にも楽天会員特典、対象距離などがありますからこれらもチェックします。

3.そうしますと、「引取り・納車あり」の店舗がでてきますのでここから・・距離の近い順、金額の安い順など選択ができますのでここから店舗を選んで見積の申し込みができます。

売却するのなら車検切れを心配しなくてもOK

車をまだ乗るつもりであったけれど車検が無くなってしまうと、あれこれ面倒なことになると思います。

しかし、売却も一つの方法として考えているつもりなら、車検切れの状態で何の問題もありません。

現在どれくらいの価格で売却出来るのか、一度無料査定をしてみて、これから先も継続して乗るのか、売却をするのか検討することも方法です。

車検切れの車やバッテリー上がりの車でも自宅まで出張査定が可能だというわけです。

まとめ

車検は、車のシステムや設備をきちんと確認し、安全に走行できる状態を確保するために欠かすことができないものです。

車検の有効期限が切れたままで走行を行なうのは、違法になるばかりか、車の不具合にともなう事故を起こすこともあり得ます。

車検の有効期限は、車に貼られてあるステッカーでチェックすることが可能なわけです。

まずは日頃から確認をして、車検切れにならないようにしてください。

これ以外に、もう使う予定のない車だとしても、放置をしていると、維持費が生じていきます。

いざ処分をしたいというときに車検切れの状態であると、レッカー代の問題や仮ナンバーを取得する面倒もおきます。

そのため、できることなら車検切れになる前に、の手続きを行っておいた方が良いでしょう。

車検
スポンサーリンク
Mfit Style