中古車で故障ばかり!?購入で失敗しづらい方法

中古車
スポンサーリンク

新車で車を購入するというケースだけでなく、中古車を購入する人も多いと考えます。

中古車の場合は、当然故障の可能性が新車より高くなるといえます。

折角購入した中古車が、故障ばかりだとユーザーも疲弊してしまいますよね。

ここでは、故障ばかりする理由や故障ばかりしない車の目利きなどを解説していきます。

スポンサーリンク
「車を高く売りたい!」人に向けて車一括査定5サイトを比較してご紹介しています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>車を高く売りたい!車一括査定5サイトを徹底比較
「車を高く売りたい!」人に向けて車一括査定5サイトを比較してご紹介しています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>車を高く売りたい!車一括査定5サイトを徹底比較

中古車で故障ばかりする主な理由

中古車で故障ばかりする場合とは、どのような中古車購入をしてしまった時なのでしょうか?

相場よりかなり安い車

中古車は、新車と違い人気や状態によって車両価格が変動するのが特長です。

その中で一般的には100万円前後の相場の中古車が、50万円で販売されている場合、何らかのトラブルを抱えているケースもあり得ます。

もちろん中古車販売店の仕入れ金額やキャンペーンなどで良質な中古車が安く販売されている場合もあります。こういったことから相場より大幅に安い場合は、しっかり販売店さんに理由などを聞くことが重要です。

事故歴有りの中古車

事故歴有の中古車は、一般的に事故歴なしの車より車両価格が安いことが多いです。

そのかわり場合によっては、修復してもしっかりと直っていないケースや車へのダメージが大きく残ってしまうケースもあります。

勿論軽微な事故修復でしっかり直っている車もあります。

しかしながらユーザーの目でみてはっきりと事故歴があると分かる車は、しっかり修復されていないことになりますし、しっかり修復されているように見えても、後で「この修復はひどい」と解るケースも少なくありません。

それだけでなく、中古車販売店自体で事故歴有りを把握していなかったり、隠していたりと言うケースもまだあります。中古車購入する場合は、まずは信頼のおける店から購入することも重要です。

そもそも故障している車を購入

現状販売などと記載されていて、さらに安価で購入できる中古車の中には、そもそも故障個所が多数あるという個体も多くあります。

こういったケースでは、「こういった部分が調子悪いですよ」などと説明されるケースがほとんどなのですが、こういった部分が沢山あるケースも多いと考えます。

不具合箇所が最初から多ければ、後々修理しなければならない箇所も多いのではないでしょうか。

中古車で故障ばかりしない車を選ぶ方法

先述しましたが、中古車を購入するという事は新車とは違い故障する確率が高まります。ただしドレモコレモが故障するというわけではないです。

それでは、なるべく故障しない車を見つけて購入するにはどうしたら良いのでしょうか。

欲しい車の相場を勉強

まずは、欲しい車の一般的な中古車価格相場をしっかりと勉強しましょう。これは、案外重要です。人と言うのは、「安い!」と感じたものを「お得」と感じ、購入してしまう傾向が強いからです。

年式・走行距離だけに捉われない車選び

年式が古くて、走行距離が少ないからと言って、その車の故障確率が少ないともいえませんし、年式が新しく走行距離が多いからと言って、その車の寿命が短いともいえません。

前ユーザーがどの位その車に愛着を持って管理していたかも重要になります。例えば、下記のような条件で検証してみます。

10年落ち同モデルの中古車50万円

走行距離が、70000㎞と110000㎞の場合だとどうでしょうか?70000㎞の車の方が走行距離が少なく良いと感じると思います。

もし70000㎞のモデルがしっかりとメンテナンスされている車なら良いと考えます。

もし全く管理されていないのであれば、故障頻度が高まる走行距離といえます。

逆に110000㎞走行している車の場合は、すでに故障しやすい場所の整備が終了している可能性もあります。

年式や距離だけでは解らない部分は、車載されているメンテナンスノートなどでしっかりチェックしましょう。

現状渡しということを理解する

中古車の中には、現状渡しという車も販売されています。これは、車検を取得する車でもあり得ます。車検は、法廷で定められているパーツがその時問題ないかを検査し、公道走行を許可するという制度です。

車検が取れたので安心という事ではありません。勿論車検に関係ないところは、検査でも関係ありません。また「車検時に問題ないか」という点も重要です。

車検1ヶ月後に故障しても、その時の検査なので致し方ないといえます。

やはり現状販売よりは、3ヶ月などの保証が付いている車を購入することも大切と考えます。

事故歴有りか無しかを確認する

事故歴がある場合とない場合では、皆さんはどちらの中古車を選ぶでしょうか?やはり事故歴のない車という回答が多いのではないでしょうか。

事故歴なしと書いてある中古車でも一度、販売店さんに「間違いなく事故歴がないか」と言うのを聞いておくのが良いでしょう。後々のトラブルも回避できます。

中古車で故障ばかりしない車を選んでしまう人は?

中古車で故障ばかりしてしまう車を選んでしまう人は、どのような人が多いのでしょうか?

その車が欲しいという気持ちだけが先行してしまう人

良くあるのですが、道を歩いていて、中古車屋さんにおいてある「○○と言う車」をみて、とにかく欲しくなって購入してしまう「衝動買い」タイプの方は、あとで故障に泣かされる確率が高くなります。

一度深呼吸して、しっかり考えましょう。その場で購入しちゃうというのを避けましょう。

次の車検まで乗れれば良いという安易な考えの人も

次の車検まで持てばよいという気持ちで、できるだけ安い車を購入する人は、注意が必要です。次の車検までに修理費用が多くかかるケースもあります。

また2年乗れればという当初の考えと裏腹に、あと2年と追加で乗ろうと思ったり、高額修理が続き、2年で元が取れなくしばらく乗る羽目になるケースもあるでしょう。

販売店側の思惑に乗せられやすい人も注意

販売店の方から、「この車かなりお買い得ですよ」・「人気モデルですけど、かなり割安ですよ」という声に敏感に反応する人も、あとから高額修理になるケースが多いと感じます。現状販売が一般的です。

それは、例えばナビなどが故障したり、サンルーフから水漏れ、故障といった装備面での故障が多いケースにハマる可能性があるからです。