中古車を買ったのにすぐに売却?理由や売却方法で損をしない方法

車買取・査定
スポンサーリンク

折角中古車を購入したけれど、直ぐに売却したいと思ったり、売却しないとならなくなったりした経験はあるでしょうか。

当記事では、中古車購入後に売却したい理由やなるべく損をしない売却方法などを解説します。

スポンサーリンク
「車を高く売りたい!」人に向けて車一括査定5サイトを比較してご紹介しています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>車を高く売りたい!車一括査定5サイトを徹底比較
「車を高く売りたい!」人に向けて車一括査定5サイトを比較してご紹介しています。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
>>車を高く売りたい!車一括査定5サイトを徹底比較

中古車を購入したけれど、直ぐに売却する理由は?

中古車を購入したのに売却しなければならない理由ってどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、せっかく中古車を買ったばかりなのに、売却しないとならない事由を解説します。

引越し先で車が駐車できない・車が必要ないケース

車を購入後、直ぐに努めている会社から転勤辞令が発令され、引越し先で車の駐車場がない場合や、都会のため公共機関が発達していて、車が不必要な場合があります。

また転職などでは、社有車を寄与しているケースもあり、所有車が必要なくなってしまうといったケースも出てきます。

中古車を購入したら思いのほか修理費や維持費がかかり売却したいケース

中古車を購入した後に、その車の状態があまり良くなく、故障修理が続いたり、思っていたよりも

年間の維持費が掛かることになり売却したいと思うケースがあるようです。

また近年では、新型コロナの影響で時間はできたが、収入減になり購入したばかりの車であっても

手放したいと思う人も多いようです。

購入した車が、余り気に入らなく手放したいと思うケース

一度この車が良いなと思って購入したけれど、どうしてもデザインや色などが好きでなかったために売却したいと思ってしまう事があります。

また家族構成を考えて購入してみたものの、ちょっと狭すぎると感じたり、逆に大きすぎたと感じてしまう事が売却理由の場合もあります。

中古車を購入したけれど直ぐに売却する際の売却方法は?

購入した後直ぐに売却したいと思ったときに、どのように売却するのが良いのでしょうか。ここでは、なるべく損をしない売却方法を説明します。

引越しなどで早急に売却したいというケース

引越しをすることになった場合は、転出・転入の時間が非常に少ないケースが見込まれます。こういった場合は、車を売却する際にも時間が限られている可能性が出てきます。

こういう場合に車の売却をなるべく高く、早く行える「車買取業者」をチョイスするのが良いでしょう。

ただし時間的にゆとりがあれば、車買取一括査定という選択肢も良いのですが、非常に入電などが多くなってしまいます。

ただでさえ忙しい状況になるのに車買取業者からの頻繁な入電が厳しい方は、数件の全国規模の買取業差に査定依頼するのが望ましいでしょう。

購入したばかりの中古車が、維持費が膨大と感じ売却検討しているケース

維持費が掛かることが理由の人や、収入が減ってきて売却を検討しているという方は、比較的「検討」して高く売れれば売却したいと思っている方が多いのではないでしょうか。

こういった方は、個人でも参加できるオークション型の売却方法を試してみるのも良いでしょう。

また早期に売却をしたいと考えている場合は、車買取一括査定に申込んでみると、どの位の価格で売却できるか、おおよその金額も解ると思います。

故障などが多く維持費がかかると考え売却したい方などでは、車が故障したままの場合は、故障でも買取してくれる車買取業者に依頼してみましょう。

買った中古車がどうしても気に入らない・家族構成に合致しない場合などの売却方法は?

一度はこの中古車が良いと思い購入したが、何らかの理由で売却したいと検討している方は、車の売却と再購入の検討しているケースがあると思います。

こういった場合は、再度購入したい車の予算などをまず検討するのが良いでしょう。そして現在乗っている中古車の売却金額などを組み入れて、購入検討すると失敗が少ないです。

再度購入するディーラーや中古車販売店での下取りを考えるのも良いでしょうし、売却は買取業者に依頼して行うことも出来ます。

購入した中古車を直ぐに売却しなくて済むように考える事

車は、中古車であっても家計に響く買い物になる方が多いのではないでしょうか。ここでは、く購入した中古車を直ぐに売却しなければならない事態を減らせる方策などを解説します。

引越しや転勤・転職の可能性がある場合は、中古車購入は熟考してからにする

一般的な会社では、転勤制度が設けられている事が多いでしょう。

自分が転勤対象なのかを普段から上司などとコミュニケーションを取っておくと良いと考えます。

また転勤だけでなく転居などの際には、車が駐車できるかなどをしっかりと考えてから行動すると良いでしょう。

買った車の維持費が想像と違う事の無いようにしっかり計算しておく

車の維持費は、思っているよりもかかるものです。車検・自動車税・任意保険・燃料代、さらに故障修理費などがあります。

しっかりと購入する中古車の維持費を計算して、さらに故障修理費なども考えておくことで、慌てず対応できることにつながります。

「何とかなるだろう」で購入してしまうと思った以上というよりは、予想以上に維持費がかかることがあります。

また新型コロナは、世界的なウィルス拡散によるロックダウンといえます。そんな際に車の維持費が生活に影響しないようにするというのは難しいのかもしれません。こういう時は、一度中古車を売却し、リセットするという考えも必要かもしれません。

中古車がどうしても気に入らない・家族構成に合っていなかったとならないために

中古車を購入する場合は、新車とは違い色々な状態の車があるといえます。

その中でもエクステリアカラーは、中古車のため好きなものが選べない事もあります。

ただブラックが欲しかったのに、見つからずブルーにしたなどと言う場合は、「後悔先に立たず」になるやもしれません。

カラーにこだわりのある人は、あきらめず探すのが良いでしょう。

また家族5人が乗るのに、「大丈夫だろう」と5人乗りをお父さんが購入したら、実際には「狭かった」というケースもあるようです。

家族全員で中古車を見に行き試乗するのが一番良いでしょう。

さいごに、中古車購入をしたのに、直ぐに売却するのは非常に残念ですよね。

色々な事由から売却を選択せざるを得ない事もあると思います。そんな時は、なるべく損をしない売却方法を選ぶのが良いでしょう。